FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
京都・奈良・大阪~その2
9/11(土)
2日目は奈良国立博物館へ。現在「至宝の仏像展」と「仏像修復100年展」をやっています。修復の展示は面白かったです。現状で修復するか、制作当初まで戻って修復するかが現在議論の的だそうで。技術が進歩したらしたでまた悩ましいというのが面白かった。頭部が落ちた石窟の仏像の頭を載せるかどうかということさえ議論の余地があると言うのは、なかなかに興味深いですね。まあ確かに制作当時実はこんなに鮮やかでした、というと仏像に重々しさを求める向きには興がそがれるのかもしれません。わたしはいろいろな仏像の当時の色を観てみたいけど。

http://www.narahaku.go.jp/exhibition/2010toku/butsuzou/butsuzou_index.html

至宝の仏像展のほうは、説明がもうちょっと親切でもいいかなと思いましたが、しかしながらようやっと如来と菩薩と明王と天の違いがわかりました。ってことは親切だったんじゃん。いやでもどっちかというとわかりにくかったのさ。

博物館辺りにも鹿さんがうろうろしてました。しかし、シカよ、この辺うろついててもおせんべもらえないのでは?

シカ


さて、奈良と言えばせんとくん…じゃなくて遷都1,300年祭。さすがにいろいろと設備が整って観光地としてきれいになっていました。20年くらい前に東大寺と法隆寺に行ったときは、あまりの田舎っぷりに驚愕したものですが。超有名観光地なのに! 東大寺の敷地内の茶屋のトイレがボットンだったことは忘れようったって忘れられません。ボットンつーか、床に穴を穿ってあるだけ、しかも真っ暗。ここは日本か! と思わず叫んだ。まあなんで真っ暗かと言うと多分穴の中が見えないように? なのでドアを閉める前に足を置く場所を見極めなければならないというかなり緊張を強いるトイレでした。きっともうあんなのはないんでしょうね。シャワートイレになってるかもしれませんね。まあ東大寺行かなかったのでわかりませんけどね。

ちなみに1,300年祭のキャラクターはせんとくんだけじゃなくたくさんいます。知ってましたか? わたしは今回初めて知りました。まあ別に知る必要もないですが。なんでこんなにいるのか意味不明です。せんとくんの左隣はまんとくん…。オヤジギャグの世界ですね。わりとかわいいけど。

キャラクター


七味くんにそそのかされてせんとくんグッズを買う。靴下じゃないよ、ペットボトルカバーだよ。

せんとくん


奈良はやはりうちからはちょっと遠かったです。午前中から活動開始したけど博物館しか行けなかった。平城京跡の復元した大極殿を観たかったんだけど。はたして会期中にもう一度行くだろうか…?

夢しるべ風しるべという飲食施設ができていて、そこの黒川本家で食べたランチと、葛餅。葛を使ったランチはとてもおいしかった。葛餅も、とろふわで不思議な食感でした。お土産で食べる葛餅とは別物だった。

ランチ

くずもち

テーマ:日記 - ジャンル:日記

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 シャンパンとチョコレート2 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。