FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
イマジネーション
よく切れる鋏などを手にすると、これで指を切断してしまうかも、というイメージがわく。尖った長い物には、眼を突いてしまうかも、などと思う。駅の階段を転げ落ちるかもというのもよく考える。恐怖症というほどではないので、普通に鋏も包丁も竹串も、使うのに躊躇いなどはないのだが、何かあった時にダメージが大きいものほど突然そういう考えに捕らわれる。
ひょっとしてこういうネガティブなイメージを持っているので、ぼんやりしていると、あり得ない行動に出て傷を負ってしまうのかも、と昨日から考えている。

誰もが知る慌て者うっかり者なので、今更わたしがどんな怪我をしようが誰も驚かないだろうけど、実は慌ててなにかしてドジる時にはそう酷いことにはならないし、精神的にもダメージはないのだが、「なんでそんなことをしてしまったの?」と人に問われる行動で傷を負ったときは、ほんと自分が聞きたいよ、と激しく落ち込む。

山岸凉子さんの漫画で、ネガティブなイメージで子供を育ててはいけない、というエピソードがある。
「そっちに行ってはいけません」と言って子供を育てると、いざというときその子は「そっちに行ってしまう」。
「いい子だからこっちにいらっしゃい」と言って育てるべき、というのだ。

なるほど、わたしのこれも、自分でかけている呪いなのかもしれないな。

でも、実際には、恐いイメージがわいた時にやらかすことはほとんどない。ということは、あらゆる物に呪いをかけておくのも手かもしれない。すべての穴ぼこに落ちるかもしれないし、全ての刃物で手を切るかもしれないし、重い物を持てば足に落とすかもしれないし、足下に置いてある物に躓くかもしれないし、身体を動かせば筋を傷めるかもしれないし…。とあらゆる物にビクビクしながら慎重に生きなければいけないのかもしれんね…。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

コメント
この記事へのコメント
あー、わかります。
スパイクシューズを見るとおへそに刺さったらどうしよう、と不安な気持ちになった中学時代。
それ以降、スパイクシューズを見かけることがないので忘れていましたが、今見たらどう感じるんだろう…。
2010/12/02 (木) 00:30:11 | URL | ムー #mQop/nM.[ 編集]
>ムー
へ…へそ? スパイクシューズがへそに突き刺さる…? えーと…ま、そういうこともないと言えないこともないような。…うん、なにはともあれわかってくれて嬉しいよ。
2010/12/02 (木) 09:16:37 | URL | プリマ #-[ 編集]
似てるかどうかわかんないけど、友人でスキーのストックがお尻に刺さった人がいますよ。
お呼びでない…?

ところで、キウィはちゃんと食べ頃に食べてもらえたかしら? ちょっと早く食べたりすると食感も味も別モンなんだけど。いまさら、ちと心配。
2010/12/02 (木) 17:38:40 | URL | CoGG #JalddpaA[ 編集]
>CoGさん
漫画のような話だが笑えないわたしがいる。
キウィはごっつうまかったです。それ載せようとした日に怪我したのよね。本日載せマッス。
2010/12/03 (金) 17:34:09 | URL | プリマ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 シャンパンとチョコレート2 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。