FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
歴史の節目に考えたこと~3/11の日記
事態は全然落ち着いてませんが、気持ちの方は落ち着いてきたのでブログを書きます。
この、日本の分岐点になるかもしれない災害と事故に自分が何を考えていたかの記録の様なものです。ツイートしていたのでそれを元に。

タイトルは大げさですがまあ日記ですから。個人的なストレスの原因についての話とか多くなると思うんで、「被災地でもないのに大阪で何がストレスか!」と思われる方は腹が立つかもしれないので読まないことをお勧めします。あともちろんTwitterについての記述なども自分のせまーい世界の中での印象なのであしからず。


3/11(金)

3時少し前、夫が仕事先から帰ってきて間もなく、大阪でもぐらっと来た。

すぐにNHKをつけると、ちょうど画面が切り替わってアナウンサーが地震を伝え始めたところ。震源地が東北と言うことで大阪までがけっこう揺れたことに驚く。これはただ事じゃないと思う間もなく、NHKが各地に設置しているカメラが、地震の映像を伝え始めた。二人とも立ったままテレビ画面から目が離せない。

3時を過ぎると映像は津波を伝えるものになってくる。道路のすぐ脇まで水が来ているのに、上に登らずに下道を突っ切ろうとする車の映像。まるでポニョ。別の場所では巨大な橋の向こう側がもう水をかぶっているのにこちら側から橋に入っていくトラック。その先では乗用車が止まって運転手が様子を見ている。「なんで? なんで引き返さないの? 水が見えないの?」思わず画面に向かって叫ぶ。

きちんと整地され、春の種まきや田植えを待つばかりになっている田畑を、多量のがれきを巻き込みながら水が進んでいく。言葉を失う。今起きていることとは到底信じられない。

今まで津波の映像をリアルタイムで見たことはなかった。既に終わった事象を見たり聞いたりする場合は、政府の対応や海外からの支援などといった情報も同時に伝えられる。しかし、たった今この時に、平穏な日常が飲み込まれていく様を見てしまった経験は一生忘れられないだろう。

NHKは次々に各地の被害の様子を伝える。しばらくして夫は青い顔をしながらも歯医者の予約があるからと出かけていった。

関東にも被害が出たと聞いて、わたしはそれからずっとNHKとツイッターから目が離せなかった。実家には電話が通じずだったが、被害が報道されていない地域だったのでさほど心配はせず。東京の友達もメールやmixiやTwitterで無事の報告ありも、電車が動かず帰れない、歩いて帰る等々みな大変な様子。

夕食は前日から計画していたのでサムゲタンを作る。「被災者に申し訳ない気持ちになるね」などと言いながら食す。でも案外こういう時には他のものより食べやすかったかもしれない。それに翌日から数日間、わたしはストレスで食欲を無くすので食べといてよかった。

深夜までテレビを見てしまうが、夫は翌日から早出で仕事に行かなければならないので1時くらいには切り上げて休んだ。

ちなみにこれは後日編集された、地震発生当時の各テレビ局(東京)の放送の様子。やはりNHKはいい仕事してる。

http://www.youtube.com/watch?v=eOrAwvJLKxo

(続く)

テーマ:日記 - ジャンル:日記

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 シャンパンとチョコレート2 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。